お宮参り記念写真

生まれてきてくれてありがとう。家族が増えた感激は何物にも代え難いものですね。新しい世代に命が引き継がれた悦びをいつまでも残しておかれてはいかがですか?

撮影料

多ポーズ多ショット撮影でお客様のお気に入りのポーズや表情をお選びいただけます。

通常価格 ¥17,280

※キャンペーンについては、別途ご案内いたします。

Photo Gallery

★写真をクリックして拡大すると、(←)矢印キー(→)で切り替えできます。


 

お宮参りの雑学

本来お宮参りは、その家の新しい家族を自分の家の氏神様に紹介・挨拶することがそもそもの起源です。

古来赤子の命ははかないもので、やっと世に出たその命が、わずか二日三日で果ててしまうなど日常茶飯事のことでした。

そんな赤子が何とか生を永らえ、人生を自分の力で生きていける気配が見えた時、生後はじめて氏神様に御参りすることで氏子となったのです。

多くは男児31日目、女子32日目に、里から贈られた初着(うぶぎ)(産着)を掛け衣装としてまとってお参りし、将来の加護を祈りました。

このお宮参りの行事が済んで、氏神様に認めていただいく事により、赤子ははじめて村の一員となることが出来ました。

正式な祝い着は、男の子の場合ですと羽二重地の紋付で鷹やめでたい図柄などの「熨斗目模様(のしめもよう)」、女の子の場合は綸子地(りんず)や縮緬地(ちりめん)に花柄などをあしらった「友禅模様」が用いられます。

かつては母方の実家から嫁ぎ先の家紋をつけたおめでたい柄の衣装が送られ、この祝い着を仕立て直して3才の七五三の晴れ着として着用しました。

よくある質問にお答えします

どこにお参りすればいいの?
本来は氏神様(自分が居住する地域の守り神、産土神(うぶすなかみ))にお参りするものです。昨今は赤ちゃんの健康と幸福を祈るという形になり、有名神社やお寺に参拝するなど、しきたりにこだわらない方もいます。
いつ頃すればいいの?
一般的に、男児は誕生後31日目、女児32日目という場合が多いようですが、地方によって様々ですので、天候の穏やかな日、母子の健康状態、お父さんの仕事の休日なども考慮に入れて、だいたい生後30日あたり(1ヶ月検診が終わった後ぐらい)を目安にされてはいかがでしょうか。最近では、より子供らしくなる生後40〜50日頃にお越しになられる方や、真夏を避けて少し涼しくなってからお宮参りをする、というお客様も多くお見受けしています。
赤ちゃんの衣装に決まりはあるの?
正式には祝い着を掛けてのお参りですが、ベビードレスなどでなさる方もお見かけします。
付き添いの大人の服装は?
昨今は気軽な格好でお見えの方もいらっしゃいますが、本来は神様に詣でるのですからなるべく正装されることをお薦めします。付き添われる女性の装いは、かつては黒留袖と決まっていました。今では無地の一つ紋や小紋、訪問着などにしたり、スーツやワンピースなどで略式にするケースが増えてきています。男性はスーツが一般的です。
持ち物について教えてください
是非お持ちいただきたいのは乳首など赤ちゃんがくわえられるもの。むずがったりする時にご機嫌をとるのに非常に役立ちます。喉が渇いたりお腹を空かせたりすることも多いので、ほ乳瓶(粉ミルク)もご持参いただけると助かります。
いつから予約出来るのですか?
空きがあれば当日でもお受け出来ますが、お日にちによってはご予約で埋まっている場合もございますので、お早めのお申し込みをおすすめします。
撮影にはどのくらいかかるのですか?
通常ですと30分程度ですが、赤ちゃんによってはお乳を飲ませたりおむつを替えたりという事もままありますので、1時間以上かかる方も結構いらっしゃいます。お参りやご会食など、後のスケジュールに余裕をもってご予定をいただけるとよろしいかと思います。
写真は自分で選べるのですか?
はい、選べます。当社ではお客様にセレクトいただいてプリント、アルバムを作成するシステムを導入しております。
撮影してからどのくらいで写真が出来上がるのですか?
基本的にはセレクト後4週間ほどいただいております。(一部を除く)
スタジオ内での撮影は?
ビデオ、スチルいずれでも撮影出来ます(もちろんケータイも)。ただし撮影者が撮影に入っている時は、目線が外れたりストロボが誤作動したりしますので、スタッフの指示には従ってくださいね。