田賀谷写真館 基本理念

くつろぎ リラックス 優雅さ

スタジオのコンセプトは「開放感」「安心感」「高級感」。
東京の下町ならではの親しみやすさを大切にしつつも
非日常のひとときをお楽しみいただけますようにしつらえました。
ちょっと質の高い それでいて家にいるような心落ち着く安心感とくつろぎの空間をご提供します。

写真を取り巻く環境が大きく様変わりした昨今
私たちプロフェッショナルが写真を撮る意義とはなんでしょうか。

ひとつは「写す」ということ

ただ単にあるがままが「写る」というのはシャッターを押せば小さな子供でも出来ます。しかし写される対象が持ち合わせている個性や長所を引き出し、それらを最もふさわしい形やシチュエーションで留めるとなったらどうでしょう。
そこに働く意思こそが「写す」人間の個性の発揮の場であり、出来上がる写真にも違いが現れる要因です。積み上げて来た経験と研鑽があってこそなされるものなのです。

ひとつは「安定・安心」

写真は偶然の産物でもあるので、不慣れな方が撮影したにも関わらずプロが舌を巻くような素晴らしい結果が出てしまうこともままあります。私たちも最後の数%はその偶然に期待することもありますが、その前提としてある一定のレベルは維持した結果を出すように出来るということです。
さらに適正かつ確実にお客様の情報を取り扱うことでいつでもどんな時でも必要な形で手にすることが出来る安心感をも提供することができます。

ひとつは「非日常感」

「ハレの日」という言葉にあるのは、普段とは違う何か特別な日であるという思いです。
ちょっと背伸びしていい物に触れたい、いい思いをすることで満たされた思いを得たい、日頃の閉塞感から解放されて晴れ晴れとした気持ちになりたいといった希望をかなえてあげるお手伝いをするのが務めであると言えるでしょう。

ひとつは「共創」

ひとが人を撮るということは気持ちの通い合いがあるということ。撮る側が撮られる側に寄せる思いがあればこそ、普段では見せないような一面を覗かせたりもしていき、思わぬ相乗効果が産み出されることもあります。

ただ「モノ」としての写真を作るのではなく、写される側への思いを詰めて創りあげ形に現すということが、私たちの存在意義であると考え、皆様にさらなる価値をご提供することになると確信しております。

有限会社田賀谷写真舘 代表取締役 田賀谷浩